MEDICAL

口腔外科について

口腔外科とは

ORAL SURGERY

口腔外科は文字通りお口に関する外科です。
これは一般の歯科医院が治療しているむし歯・歯周病などとは異なり、お口やその周辺のトラブルや病気を扱っています。
なかでも抜歯、顎関節症、ほおや舌の粘膜の病気で多くの方が来られます。

口腔外科で抜歯するメリット

口腔外科で行う親知らずの抜歯は、一般歯科よりも多くのメリットがあります。

1難易度の高い抜歯も対応できる

一般歯科の歯科医は様々な治療をこなせますが、親知らずの抜歯について専門的な知識や技術を持っているとは限りません。生え方が複雑だったり、特殊なスキルや器材が必要な場合、手術時間が長くかかりそうな症例では、大学病院へ紹介される可能性があります。
その点、口腔外科を専門とする歯科医は、豊富な経験と十分な機材などを準備して治療します。一般的に対処が難しい骨に深く埋もれた親知らずも治療可能です。

2スムーズな抜歯で腫れを少なく

抜歯は特に患者さんへの身体的・精神的なストレスが大きい治療です。
口腔外科専門の歯科医は一般歯科医よりも抜歯にかかる時間が短く、ひいては術後の腫れや痛みも最小限に抑えることもできます。患者さんにやさしい治療と言えます。

3抜歯に伴う事故のリスクマネジメント

口腔外科の歯科医は、顎顔面領域の解剖について熟知しています。
そのため、抜歯で神経や血管を傷つけるなどのリスクを予想したり、万一発生しても最小限に抑えることができます。事前に当院で治療困難と判断した場合は、大学病院と連携して安全に治療が行えるようにしております。

親知らずは抜歯が必要か

親知らずをそのままにすべきか、抜歯すべきかは症例によります。

  • 親知らずをそのままにする場合

    上下で噛み合っている

    普通に噛み合っている親知らずは、すぐには抜きません。

    歯磨き・メンテナンスで綺麗に管理されている

    炎症の原因にならないならば、そのまま経過観察します。

    ブリッジや義歯の土台にできる

    親知らずの手前の歯を失った場合、歯を入れる方法としてブリッジ、義歯、インプラントという方法になります。このうち、保険診療でできるブリッジ、義歯の場合に親知らずがあれば土台に使える可能性があります。

    移植することができる

    上あごの親知らずについては、完全に隠れている(埋伏)場合、歯がなくなった部位に移植できる可能性があります。

  • 抜歯をお勧めする場合

    むし歯や歯周病、口臭が発生しやすい状況

    親知らずは奥に生えているため歯ブラシが届きにくく、食べかすが残りやすいと言われています。そのためむし歯や歯周病のリスク、口臭の原因になる場合には抜歯をお勧めします。

    矯正治療

    親知らずが傾いている場合、手前の歯を押す形になり、歯並びが悪くなることがあります。

    今後妊娠の可能性があり、炎症のリスクがある場合

    妊娠中にむし歯や歯周病が発生した場合、抗生剤や痛み止めなどには慎重に対応しなければならず、患者さんがきつい思いをされます。

    海外に長期出張・留学する場合

    海外で親知らずを抜く際には、言葉の壁、その国の医療水準、そして医療費が桁違いに高額な場合があります。微妙なニュアンスもコミュニケーションできるうちに抜歯をお勧めします。

    当院では親知らずの抜歯は口腔外科専門の歯科医師が担当いたします。
    豊富な知識と経験で対応いたしますので、親知らずでお悩みの方は、お気軽にご相談ください

歯に関するお困りごとは、お気軽にご相談ください。

お電話でのご予約・ご相談、
WEB予約(初診のみ)は下記からお願いいたします。

LINEで無料相談

小児矯正・インプラントのご相談に
LINEでお答えします。
下記のボタンを押していただくか、QRコードを読み取りLINEに友だち登録して
ご相談内容をお送りください。

友だち追加